The 22nd Annual Conference of The St. Luke's Society for Nusing Research

関連法人・団体

大会フライヤー

ランチョンラウンドテーブルディスカッション<共催:星医療酸器グループ>

テーブルディスカッションテーマ

新しくお姉さんお兄さんになる子どものクラス「赤ちゃんがやってくる」
ファシリテーター: 片岡弥恵子(聖路加国際大学大学院看護学研究科) 残席あり
テーマ概要: なぜスペシャルなのか?の3つの理由は「子どもが主役!」「リアルな性教育」「子を見て親も学ぶ」。子どもたちが目を輝かせる時を創りだし、性について包み隠さずわかる言葉で語り、いたわり合うことの大切さを伝えることに全力を注いでいます。
不妊治療中・不妊治療を考えている女性の方へ「ルカ子サロン」
ファシリテーター: 森明子(聖路加国際大学大学院看護学研究科) 残席あり
テーマ概要: 生の情報、ライヴでの分かち合いを求めて、女性は「ルカ子サロン」を訪れる。病院で聞きたくても聞けずにいることを看護者に聞きに来る女性もいる。女性たちの悩みや求めている情報は何か、看護者が女性たちから学ぶことは何かなど、参加者と共に考えてみたい。
子どもの健康を家族と考える「子どもの健康、知ろう、考えよう」
ファシリテーター: 小林京子(聖路加国際大学大学院看護学研究科) 残席あり
テーマ概要: 子どもの健康を周囲の市民が促進するための手がかりを紹介する本学でのプログラムを題材に,「子どもと家族中心のケア」を病院・地域・研究機関などの様々な場の看護師がどのように推進するのかをディスカッションする。
5歳児がからだについて学ぶお話会「自分の体を知ろう(NPO法人からだフシギ)」
ファシリテーター: 白木和夫(鳥取大学名誉教授)
瀬戸山洋子(東京医科大学)
残席あり
テーマ概要: 2003年より私たちは、5-6歳児が体を学ぶプロジェクトを行ってきた。今回は本取り組み立ち上げの経緯を紹介し、市民と専門職が協働するために必要なことについて、市民の立場からの提案を行ってディスカッションにつなげたい。
高齢者とご家族へ、ライフレビューを用いた思い出帳づくりプロジェクト
ファシリテーター: 山本由子(武蔵野大学) 締切りました
テーマ概要: ライフレビューは、生活の中での思いや希望を言葉に表すことが困難となる認知症高齢者に寄り沿って意図的に人生史を振り返る過程を指し、うつ傾向を軽減する効果が示されている。本人が語った内容を冊子にし、家族や介護者と共有していく取り組みを紹介する。
市民のための健康情報サービススポット「聖路加健康ナビスポット:るかなび」
ファシリテーター: 朝川久美子(聖路加国際大学)
射場典子(認定NPO法人健康と病の語りディペックス・ジャパン)
締切りました
テーマ概要: 「聖路加健康ナビスポット:るかなび」は、自分の健康を主体的に創る社会をめざし、医療専門職と司書と、市民ボランティアと共にサービスを提供している。今回は、運営、および、健康相談等の利用の現状を紹介し、皆様と、PCCの発展について考えたい。
家で死ねるまちづくりを支援する「はじめの一歩の会」
ファシリテーター: 山田雅子(聖路加国際大学大学院看護学研究科) 締切りました
テーマ概要: あなたは、死ぬまで今の家で過ごせますか。これからは国民皆が高齢社会の当事者として覚悟することが必要です。その際、住み続けられる家を考えることは重要で、若い人も合わせて皆が取り組める課題です。中央区民で組織した「一歩の会」が企画する「互いに語り合う会」と同じテーマで語り合いたいと思います。
乳がん女性のためのサポートプログラム
ファシリテーター: 大坂和可子(東京慈恵会医科大学) 締切りました
テーマ概要: 「乳がん女性のためのサポートプログラム」は、研究プロジェクトから、臨床看護ケアへと発展し継続しています。がん患者のためのPeople-Centered Nursing Careを臨床で実践する工夫や課題について討議したいと思います。
地域住民と考える「認知症ケア」
ファシリテーター: 桑原良子(聖路加国際大学大学院看護学研究科) 締切りました
テーマ概要: 2016年5月から地域住民の方を対象に「聖路加健康ナビスポット:るかなび」で老人看護専門看護師として健康相談を受けております。「高齢者の病気と認知症ケア」を専門分野とした相談内容の実際を通して、ともに考え語り合う機会にしたいと思います
ダウン症候群のよりよい生活環境検討会
ファシリテーター: 青木美紀子(聖路加国際大学大学院看護学研究科) 残席あり
テーマ概要: ご本人や家族、専門職の経験や知識の協働により、それぞれの力が高まり連携が強化されると考え、まず共に学び、考える機会のひとつとして勉強会や交流会のプログラムを実施しています。今後のテーマや場の在り方の討議を予定しています。

学術大会Facebook

共催・協賛・後援

Important Days

  • 事前参加受付期間

    2017年3月14日~8月31日(木)

学術大会事務局

  • 第22回聖路加看護学会学術大会事務局

    • 聖路加国際大学川上・目黒研究室内
    • 〒104-0044
    • 東京都中央区明石町10-1
    • TEL/FAX
    • 03-5550-2256(川上)
      03-5550-2267(目黒)